てつ・ぶろぐ
神奈川工科大学鉄道研究部部員によるブログです。 部員の日々思ったことなど書いております。
プロフィール

てつけん

Author:てつけん
てつけんに所属する愉快(?)な仲間たちです



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



カウンタ



access



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



異常時総合訓練(クラH26)
最近、まったく鉄活動やってないです・・・
元々、撮影もあんまり、乗るのもあんまりな自分は、時折出かけて、軽く写真撮影程度なんですよ・・・

というわけで、過去ネタですが報告を。
10月21日に小田急線海老名駅近くの車両基地で行われた、異常時総合訓練を見学してきました。

初めて見学したんですが、小学校・中学校の避難訓練とは訳が違います。

今回の訓練は小田原~足柄間を走行中の上り列車が踏切上の乗用車と接触し脱線。
乗用車の運転士が車両下に投げ出され、助手席側の人が閉じ込められた。
また列車の乗客にも負傷者が発生。
踏切、架線等にも被害が発生したとの想定で行われました。

今回は近くで停車させました。
去年は5000形の車両を使って実際に乗用車に衝突させるということをやったそうです。
廃車予定の車両を使ったためらしいです。
今年は廃車する車両が無いということで、直前で止めるだけでした。

でも廃車する車両が無いってことはしばらく5000形は安泰なのかな?

さて、訓練の続き。
脱線後すぐに運転士が二次災害防止のために、乗用車の火災を消火。
列車防護のために発炎筒で対向列車に危険を知らせました。

その後、小田原駅社員、施設社員、レスキュー隊、警察が続々と到着し、復旧を進めていきます。

負傷者をレスキューが来るまで呼びかけます。

施設社員到着。

レスキュー隊も到着。

電力社員による架線の復旧作業。

脱線車両のジャッキアップ。
脱線は別の車両を使って復旧させました。
ジャッキを台車の下に入れて持ち上げ、横移動、もち下げをしてやっと試運転へ。

復旧後の試運転。
試運転で安全運転が確認され、運転再開につながりました。

この間、約2時間半です。
見ているだけの自分たちはあっという間でしたが、これが駅で待っていたとしたらイライラが募っていくのだと思いました。

広報の人の話では、実際はこれの倍以上は時間を要すと話していました。
出動にだってもっと時間がかかりますし、事故が起きると本当に大変です。

最後に、新人社員さんたちで発炎筒の一斉点火。
最後に新人社員さんたちで発炎筒の一斉点火がありました。
でも自分たち見学者はここで退散。
あとは指令助役の方のお話や広報の方との座談会があったり。

利用者としての率直な意見が言える良い場を頂きました。
それに鉄道の安全を見つめなおす良い機会でした。

これは学園祭前の忙しい次期だったんですが、今年の研究テーマは『安全』だったので、実際に見てレポートにさせてもらいました。
学園祭に来ていただいた方々、ありがとうございました。
と、1月前の報告でした。

この後から今までほとんど、鉄活動やってないんです。
またなんかやりますよ!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tetuken.blog32.fc2.com/tb.php/574-4b3ebdb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)