てつ・ぶろぐ
神奈川工科大学鉄道研究部部員によるブログです。 部員の日々思ったことなど書いております。
プロフィール

てつけん

Author:てつけん
てつけんに所属する愉快(?)な仲間たちです



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



カウンタ



access



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



東静岡南北幹線(東静岡大橋)を通ってきました(しまむー)
s-IMG_20130802_151713.jpg
7月1日に開通した東静岡南北幹線を実際に見てきました。

先日、野暮用で地元の静岡に帰った時に、通ってきました。どんなものなのかというのをこれから書いていこうと思います。
s-s-img003.jpg

静岡市が副都心に位置付ける東静岡地区を南北に結ぶ都市計画道路「東静岡南北幹線」が完成し1日、市が現地で開通式典を開いた。田辺信宏市長ら約100人が出席し、周辺交通渋滞の緩和と地区の利便性向上を願った。式典後の同日夕、供用を開始した。
 東静岡南北幹線は葵区長沼の国道1号と駿河区曲金の県道407号(通称・南幹線)を結ぶ延長540メートル、最大幅40メートルの歩道付き4車線道路。JR東海道新幹線と東海道線をまたぐ東静岡大橋は、丸みあるアーチデザインを採用した。総事業費は約61億円。

静岡新聞 @S(アットエス)より引用


要は、市内の交通の大動脈である国道1号(以下、国1)と県道407号(以下、南幹線)を結ぶルートを新たに再開発し様にもちっとも進まない空き地に造ることで、既存のルートの混雑緩和を図ろうとしたということです。
国1も南幹線もよく混む道路です。


s-IMG_20130802_151216.jpg
国1と南幹線を結ぶ道路はこれまでも長沼大橋や小鹿通り、久能街道などがありましたが、どの道もよく混みます。特に長沼大橋はひどいものです。


s-IMG_20130802_151713.jpg
で、件の東静岡南北幹線ですが、上記の地図を見ればわかりますが2つの幹線道路の間には新幹線と東海道線が立ち塞がっています。
これをスルーするために、東静岡大橋という橋を架けました。長沼大橋と比べるとちんちくりん。
あと、東静岡大橋というのは安直なような。地名とか付ければよかったんじゃないんですかね?まあDQNネーム付けられるよりはましですかね。


s-IMG_20130802_151834.jpg
橋のたもと側から南幹線を見ます。ここから左折すると東静岡駅へ行けます。
というわけなんで、南幹線側から国1側へ向けて歩いていくこととします。


s-IMG_20130802_151924.jpg
ダンプ邪魔
橋のたもとを見ます。道路の両端には側道が接続しています。


s-IMG_20130802_152019.jpg
豪勢にエレベーターが設置されているようです。なお開通までには間に合わなかった模様。
エレベーターは西側の歩道にのみ設置されます。工事が8月30日までだったので9月から供用開始されるんじゃないでしょうか。


s-IMG_20130802_152130.jpg
ここまで歩いてきたので、歩道を通ります。歩道はたもと側では独立していますが、途中から道路側に合流します。
歩道の勾配は駐輪場の階段レベルで、長沼大橋みたいに橋の端から端まで自転車で走るということは出来そうもないです。近年の自転車事故対策でしょうな。


s-IMG_20130802_152231.jpg
橋の上はこんな感じ。タイルが敷かれていていい雰囲気です。道路の方も、分離帯にあるアーチが独特です。


s-IMG_20130802_152238.jpg
JRの線路が見えてきました。鉄オタホイホイな橋ですね。
ちなみに橋の下は、JR東静岡駅のホームと少し被っています。


s-IMG_20130802_152508.jpg
ちょうど電車が来たので撮影してみました。電線がごちゃごちゃしていてアレですね。


s-IMG_20130802_152527.jpg
車両基地(静岡車両区)が見えますね。


s-IMG_20130802_152616.jpg
なお、撮影できる場所は限られていて、ほとんどはこのような飛び降り防止用の壁が取り付けられています。ゆうに3m以上はあり、ネズミ返しもあるのでこの部分から撮影するのは、往来の邪魔をするのを承知で脚立を立てるでもしないと不可能だと思います。


s-IMG_20130802_152742.jpg
国1側では静岡車両区を一望できました。車両や車庫の細かいディテールを観察できると思います。
それにしても、昼寝している373系の多さが目立ちましたね・・・マジで仕事ないんだな。


s-IMG_20130802_152905.jpg
橋を下っていきます。


s-IMG_20130802_152910.jpg
東静岡駅も見えます。


s-IMG_20130802_153021.jpg
最近オープンした商業施設Mark is 静岡です。これの開発とセットというのは言わずもがなでしょうな。


s-IMG_20130802_153141.jpg
橋を降りてきました。国1側にも側道があります。


s-IMG_20130802_153220.jpg
東静岡南北幹線と国道1号との交差点です。国1と交差したのでこれで東静岡南北幹線は終点かと思いきや、まだその先がありました。それが写真でも指している新道の部分です。


s-s-img002.jpg
開通前はこのような道でした。手前から奥に向けて真っ直ぐに道が続いています。ちなみにこの道もそこそこ混みます。右に少し写っている線路は、静岡鉄道のものです。手前側へ向かうと長沼駅に至ります。また、線路のさらに右側には静岡護国神社があります。


s-IMG_20130802_153430.jpg
現在はこのようになりました。道路が切り換えられて大きく左へカーブし、東静岡南北幹線と合流するようになっています。
そして、今まで本線だった道路は枝分かれする末端部分となりました。



s-IMG_20130802_153506.jpg
今まで本線だった面影は残っています。


s-IMG_20130802_153724.jpg
旧道の末端です。道路の切り替え以前は国1との交差点でしたが、現在は一方通行の側道となりました。
ひとつ上の写真では2道路は車線ありましたが、この道は一方通行となったので片側車線はもはや無用です。
これが不要となってしまった道路の末路なのかとちょっと感傷的になりました。


s-IMG_20130802_153823.jpg
交差点だった部分は歩道が舗装され、乗り上げ防止ブロックも置かれ、面影をなくしています。


s-s-img001.jpg
切り替え以前はこんな感じでした。信号機もある立派な交差点でした。


レポートは以上です。
ちなみに交通量ですが、長沼大橋をはじめとしたほかのルートに比べるとまだまだ少ない感じです。これから幹線の名にふさわしい交通量になるのか楽しみです。

おわり
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tetuken.blog32.fc2.com/tb.php/1387-42efa2e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)