てつ・ぶろぐ
神奈川工科大学鉄道研究部部員によるブログです。 部員の日々思ったことなど書いております。
プロフィール

てつけん

Author:てつけん
てつけんに所属する愉快(?)な仲間たちです



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



カウンタ



access



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学園祭展示報告[青函の部](蒼風)
先日11月3,4日に行われた第37回幾徳祭で鉄道研究部は展示を行いました。
自分と電車麺斜面さんは1307教室で行った青函連絡船の研究展示・講演会のため両日とも張り付いていました。
PB041775.jpg
二日間で計3回行った講演会の様子です。
青函連絡船、桧山丸の元船長の西沢船長様をはじめ船の科学館時代の羊蹄丸でボランティアをされていた方々をお招きし1時間半ほどの講演会となりました。
PB041774.jpg
講演会とは別に独自に連絡船について調べて展示も行いました。
自分が展示関連を作りましたが、コンセプトは小さな博物館。一応展示に流れを作ってみました。
PB041833.jpg
OBの方から資料を送っていただくなどして当時の資料も展示しました。
意外と資料が多く展示説明が足りない部分もあったかもしれません。
PB041812.jpg
当日、OBの方にお願いして連絡船と貨車を固定する緊締具も持ってきていただき、展示しました。
持ってみると予想以上に重く、当時の人の苦労がわかりました。
PB041880.jpg
鉄道研究部らしく、青森駅の青森1,2岸を再現した模型も展示しました。
左側の船は自分がなんとか完成させました。西沢船長様が乗られていた桧山丸を再現したものです。
右の船は車両甲板をわかりやすくするため・・・・というか津軽丸型が完成しなかった物。
青森のジオラマも製作がぎりぎりになりましたが、鉄研OBの方のご協力もありなんとか形になりました。

以上が展示の概略です。
次回のテールライトで特集できればと思います。

思えば、去年の学祭報告記事をすっとばして羊蹄譲渡決定の話を書いていろいろ言われましたが、
まさか今年の学園祭で連絡船の講演会をするとは思いませんでした。
またこの様な機会を作れればと思います。

ちなみに2年続いた自分の部長役職もついに解放されました。
これからは京王厨氏の政権が始まります。お楽しみに
スポンサーサイト

テーマ:学校行事 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tetuken.blog32.fc2.com/tb.php/1291-fd329f57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。